Home > 2.コンピュータシステム > メモリの種類

メモリの種類

SRAM とDRAM を比較した記述のうち、適切なものはどれか。

ア DRAM の方が、高速なアクセスを実現できるので、SRAM よりも普及している。
イ DRAMの方が、比較的複雑な内部構成になるので、ビット当たりの単価が高い。
ウ DRAMの方が、ビット当たりの面積を小さくできるので、高集積化に適している。
エ SRAMは、データを保持するためにリフレッシュ動作が必要であるが、DRAMは不要である。




答え:ウ

SRAM : 高速アクセスは可能だが、集積率が低く、生産コストも高い。
DRAM : SRAMより低速だが、高集積率で安価。一定時間ごとにリフレッシュ動作が必要。
と覚えましょう。

この特性から、パソコンのメインメモリにはDRAMが使用され、高速なアクセスが要求されるキャッシュメモリにはSRAMが使用されています。


ア:SRAMの方が高速
イ:DRAMは構造が単純なので、生産コストが低くなります
ウ:設問のとおり
エ:リフレッシュ動作が必要なのは、DRAM

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://magicbox.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/590
Listed below are links to weblogs that reference
メモリの種類 from 情報処理技術者試験午前対策

Home > 2.コンピュータシステム > メモリの種類

Search
Feeds
Tag Cloud
Recommend

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方

2008 「午前」に出る情報技術
2008 「午前」に出る情報技術

2008春 基本情報技術者 予想問題集
2008春 基本情報技術者 予想問題集

2008春 ソフトウェア開発技術者 予想問題集
2008春 ソフトウェア開発技術者 予想問題集

2008 テクニカルエンジニア 情報セキュリティ予想問題集
2008 テクニカルエンジニア 情報セキュリティ予想問題集

2008 徹底解説 テクニカルエンジニア情報セキュリティ 本試験問題
2008 徹底解説 テクニカルエンジニア情報セキュリティ 本試験問題

2008 テクニカルエンジニ ア情報セキュリティ記述式・事例解析の重点対策
2008 テクニカルエンジニア情報セキュリティ記述式・事例解析の重点対策

情報処理技術者試験 午前927問完全マスター
情報処理技術者試験 午前927問完全マスター

情報処理技術者試験すべてに対応!!計算問題徹底理解―直前必修・短期完全マスター
情報処理技術者試験すべてに対応!!計算問題徹底理解―直前必修・短期完全マスター

テクニカルセキュリティ技術
テクニカルセキュリティ技術

情報化と経営の基礎
情報化と経営の基礎

Webアプリセキュリティ対策入門 あなたのサイトは大丈夫?
Webアプリセキュリティ対策入門 あなたのサイトは大丈夫?

Return to page top